ニース シャガール美術館♪

さて、フランスの最後を飾るのが、ニースのシャガール美術館キラキラ

 バスでいきますが、バス停が分かりにくいアセアセマセナ広場横のラファイエットの裏の小道にあります。分からなければ、そこらの人に聞くと、丁寧に教えて下さいましたよラブラブ

 シャガール自らが設計した美術館。シャガール自らが寄贈した数々のコレクション。 

 シャガールならではの、独特の鮮やかな色合いの絵たち。 

 ステンドグラスのお花の中にも、シャガールらしい顔が。 

  この一面赤い絵のお部屋がありました。 

 窓の外。白い壁面いっぱいの絵。 

さて、こうしてやっと?フランス(パリ、ヴェルサイユ、モンサンミッシェル、ニース、モナコ、エズ)で、12日間ちょっとを過ごしました!!キラキラ 

しかし、まだ旅の3分の1くらい(長いアセアセ) フランスでは、めっちゃ普通にフランス語や英語で話しかけられたりもしたなぁ。フランス語分かんない、とか答えたのですが。 
サングラスや帽子被ってると何人か分かりにくいし、私の場合、一人旅だと余計に堂々としているので、現地在住と思われたのかも知れませんがアセアセ
(結構今までも、他国で現地在住に間違われる)  

さて、フランスフランスを堪能した後は、また飛行機でひとっ飛び!飛行機 お次は、国を移動しますよー!!キラキラおねがい 

(旅行記は長いので、ごゆるりとお氣軽にご覧下さいキラキラ)  

NICE・MONACO

パリから移動!ニース・エズ・モナコで3日間💕今回、6回飛行機に乗りました✈️ 

 飛行機の上から見た景色太陽波 それでは、レッツゴー!

モナコ モンテカルロ♪ オテル・ドゥ・パリ☆

モナコ モンテカルロラブラブ

カジノの前後に、モナコ屈指の名門ホテル オテル・ドゥ・パリラブラブ 
カフェ・ドゥ・パリナイフとフォーク

 ランチセットを頂きましたが、前菜のハム&メロンからして多い。🍈 

 オテル・ドゥ・パリは、普通は中に入れてくれないのですが、ホテル内のレストランに行きたいと言ったら入れてくれたのですが、その日はお休みだったので、ロビーの写真だけ撮りましたカメラ

モナコの方達にも親切にして頂きましたが、正直、モナコは街並みは至って普通ー。立ち並ぶ家も普通ー。 
豪華なクルーザーも並んでいますが、現実的にはそれほど年中使い道ないだろうなとか、維持費が高いし割に合わなそうなどと考えてしまいましたアセアセ船 
国土も狭いから飽きそうだし、国土が狭いからこそ地価が高いからセレブしか住めないのでしょうが、家賃の高さに見合わなそうなので、万一大金持ちになっても住む魅力は感じなさそう、とか思っていましたアセアセ 
私だったら、広い土地に大きな家の方が良いですね🏠  

モナコ モンテカルロのカジノ♪

モンテカルロ。カジノラブラブ🎰 

どなたかのスーパーカーも写っちゃいました。 

エントランスは誰でも入れるのですが、パスポートがあれば、17ユーロ払うと、更に中まで入れますおねがい 私は、スニーカーにジーンズでしたが、入れましたラブラブ

 ここから先は、撮影NG!パリのオペラ座ガルニエと同じ、シャルル・ガルニエの設計ということで、本当にガルニエみたいな感じです。 

 赤いライトが闘争心を掻き立てる効果では?と色彩心理的に思いました。
 17ユーロと言っても、チケットと一緒に10ユーロ割引券をもらえるので、お得!シャンパンカクテルシャンパン🥂を割引で飲みながら、暫し豪華なお部屋の中でボーっとし、近くに行って、他の人のカジノの様子を見ていましたニコニコ 
カジノはルールがよく分かりませんが、私はやりません。毎日勝負しているディーラーに敵う訳ないし、カジノ側が儲からない仕組みな訳ないからねタラー(夢もくそもない。笑アセアセ) 
更に奥に、会員限定と見られる豪華そうな部屋がありました。入っちゃ駄目そうだったけど、隙間からそーっと覗いてみましたおねがい

Monacoモナコ プチクルージングと大公宮殿&交替式♪

サクッとモナコ キラキラ

 ニースから電車でたった20分ラブラブニース・ヴィル駅から、出発ー!

まずは、モナコ大公宮殿、に向かってる途中で通りかかった教会へ。 結構その地に着くと、最初に教会行ってる率高いなぁ。 

そして、モナコ大公宮殿。夏のみ開放している内部を見学。 

 残念ながら、中は撮影NGです。フランスの宮殿と似ていますね。 そして、早めに一番前を取って、しっかり撮影しました! 衛兵交代式。 

 これ、しっかり動画撮影したので、是非ご覧下さいキラキラ

 次は、水上バスでプチクルージングへラブラブ船

 このBATEAU BUS(水上バス)乗り場があります。 

 ハーバーが小さいのですぐ着いちゃうのですが、片道たったの2ユーロなので、往復で楽しみましたキラキララブラブ

ニース マセナ広場と噴水・ダンス♪

そして、マセナ広場

 白いアポロン像の噴水ラブラブジェラートを食べながら🍦 

マセナ広場では、夜は大道芸の方達が歌ったり踊ったりしているので、リゾート感も出て、とても楽しいピンクハート 音楽とダンスで、とっても盛り上がっていました! 
私は最前列で撮っていましたが、沢山の観客がいましたよ!


白い服の小さい子も、この動画以外でも一緒にリズムに乗って、つい前に出て来て、お兄さん達の音楽に合わせて一生懸命踊っていて、本当可愛かったピンクハートラブ 
他にも、子供達が前に出て一緒に踊ったりしていましたおねがい とても盛り上がっていましたおねがい皆さんも楽しんでねラブラブ 老若男女楽しめて、とても良いですよねキラキラ  

7大陸を表しているという、「ブッダ」と呼ばれる7つの仏像。 

 なぜか、こんな高い所にあって、めちゃ不思議。夜は、ライトアップして光りますキラキラ

 近くの公園では、水が出ていて、子供達もとっても大喜びピンクハート

 大人の私も大喜びにつき(笑)、足を水に浸してみますラブラブ

これ、よく見ると、赤・白・青のフランスの国旗カラーフランスなんですよ。 水が高低して動き、氣持ち良いラブラブ 
海と山に囲まれていて、楽しいですねラブラブ子供から大人まで、皆んなで楽しめて良いですねラブラブおねがい 良い環境だと思いましたキラキラ

Nice 南仏ニース 〜コートダジュールの海♪

夏だ!海だ!波太陽ということで、パリのお次はフランス最大のリゾート地、南仏ニースキラキラ

空港から市内まで本来バスなのですが、「今月はバスお休みします」の張り紙が。 ガーン( ̄◇ ̄;)ガーン この日は7月1日。今日からじゃん。。アセアセ
少しあたふたしながら、電車で市内へ。 ホテルは、3つ星のオテル ラ ヴィラ ニース ヴィクトル ユーゴーラブラブ

 ここ、オシャレだしマセナ広場の近くだし、好きなタイプのインテリアで良いのですが、とにかくWi-Fiが繋がりにくいーアセアセ これ、結構キツイんですよね。
フリーウォーターが1個もないしタラー でも、良かったですが、とにかくWi-Fiは大事ですね! ぷらぷらしてランチナイフとフォーク

 テラス席が暑すぎるっ太陽 相変わらず猛暑タラー 城跡の展望台から、コートダジュールの海を眺める七夕波無料エレベーターで登れますおねがい

 美しい海岸線と旧市街

 城址公園 

 昼間は相変わらず猛暑タラー太陽ですが、20時くらいからは夕陽も出て涼しく、心地良いラブラブ 足は、勿論浸かってみます波
ニースの海に少し浸かり、暫し海を眺めながら、ボーっと照れ

 ニースは、海と山に囲まれてるから良いですよねラブラブ ショッピングも普通に出来るし。 夜、ビーチバレーを楽しんでいる人たち。既に20時過ぎています。 

 海岸沿いのプロムナード・デザングレ。歌ってる方がいるので、リゾート感出ますよね七夕

パリのソルド(SOLDES)でお買い物♪

ここで、パリのソルド(SOLDES)でお買い物した可愛いものを、一部公開しまーすラブラブラブ

 ソルドには、初日6月26日と6月28日に行きました。観光もあるから、ゆっくりは見られませんでしたが。。即決即断で。ラファイエットやプランタンや、路面店などでおねがい 
ソルドは、案の定?爆買いしてしまいまして。。
タラー 奇しくも、ソルドスタートの6月26日は、天赦日+一粒万倍日の今年最強運日天も、爆買い赦してくれたかな?タラー 
他の国も行くので、どうせならパリではパリ発のブランドを買おうと努めましたキラキラ パリでミラノのブランド買っても、しょうがないもんね。 

 CLAUDIE  PIERLOT 

 Maje 40%オフキラキラ

 このsandroが20%オフであまり安くなかったのですが、冬でも着れそうな素材ラブラブ 
私、夏服はありすぎて着切れないのに、秋冬服が少ないんですよねアセアセどうしても、可愛いとノースリーブか半袖になってしまう。。 

 これも、CLAUDIE  PIERLOT40%オフくらいだったかな? 

 裾の形が変わっていて、オシャレキラキラ長袖だし、春秋にも使えそうラブラブ

 ジミーチュウもレペットも40%オフキラキラ

他にも。 

 このベストニット、形が2タイプになってオシャレラブラブ

 安いニットたち。 

トリュフオイルはMUSTラブラブ
スワロフスキーのピアスや、マリアージュ・フレールのいかにもパリな可愛い缶の紅茶コーヒー
紅茶は、日本で買うよりは安いけど、そこまで大幅に安くはないかな。(日本で買うと、1つ税込3,900円くらいかな?パリだと、3,200円くらい)
他、チョコとかでも、食品は現地で買ってもそんなに安くならないですね。 
普段日本でもローションやハンドクリームやコロンで使っている、パリのロジェ・ガレの石鹸ラブラブ 
そういや、私はスキンケアはフランス製が多いのですが、事前に日本にいる時に、いつも使っているオーガニックのフィッツの直営店の場所を教えてもらい、現地で買いました!

 そしたら、日本の半額くらいだったキラキラ これ、この後も他の商品を現地で買ったら半額くらいでした。税金とか輸送代がかかりますからね。 沢山買っておきました。
日本でいつも使っていると言ったら、サンプルを沢山くれましたよラブラブ

   プランタンとラファイエット。 

 無印やユニクロも。 

 他にも色々買いましたが、これらを持って残り3週間旅することにアセアセ 
出発前に、ヤマト運輸のパリ支店に日本に送れるか問い合わせていたのですが、免税品は帰国時に空港のチェックがあるから送れないとのことガーン 
私物なら送れるのですけどね。 だから、この後頑張って3週間運びました!キラキラ 
荷物やお土産はどんどん増えますが。。大量ですタラー  

パリは治安が心配でしたが、私としては特に大丈夫でした。勿論、最初の国なので、とても用心していましたが。。 
ヨーロッパの治安と対策については、最後にまとめて書こうと思っていますおねがい  

さて、そんな状態で、6月の終わりをパリ+パリ近郊で9日間ちょっとを過ごした後は、飛行機でサクッと飛びますラブラブ飛行機
(飛びます飛びます、と言いそうだけど、古いから言いません。笑。死語をよく使う私ですがタラー) 
今回、6回飛行機に乗りました✈️   

モン・サン・ミッシェル1泊2日 後半

世界遺産、モン・サン・ミッシェルキラキラ

いよいよ、日が暮れて来ました。

ライトアップキラキラキラキラ

  モン・サン・ミッシェルは、やはり日帰りだと勿体無いと思います。 
ライトアップと朝日を見るため、宿泊した方がGoodグッ 満潮ではなく干潮だったので、海の中の幻想的な姿は見られませんでしたが。。 
しかし、フランスのこの時期の日没は遅いので、22時過ぎの日没を待ち、
更に翌朝は5時起きして、モン・サン・ミッシェルと共に日の出を見ました太陽 まだ朝暗いです。 

 段々と日が出て来ました。 

 素晴らしい日の出!!キラキラ太陽美しい!!!!キラキラ 
とにかく、モン・サン・ミッシェルは鳥さんが多く、朝から沢山鳴いていますキラキララブラブ
 朝の様子や、鐘の音もルンルン

 朝が来ました!キラキラ

 鳥好きな私は、つい鳥さんも撮ってしまうラブラブ

6月末ですが、朝晩は超ー寒いっ!!冬だと思った方が良いです。昼間も涼しく長袖で良いくらいですが、朝晩はダウンが必要かも!
とにかく、周りに何もないので、吹きさらしの潮風がビュンビュン吹いて、強風にさらされますタラートレーナーやジャケットは必須!
ユニクロのフリース着ても、寒くて寒くて。薄いダウンがあった方が良いくらい! 

ホテルは、メルキュール。普通のホテルですが、目の前がシャトルバス乗り場なので便利ルンルン

 1人なのに、なぜか3人部屋。。この地域は子羊(プレ・サレ)が有名とのことで、夕飯にメルキュール内のレストラン、ル・プレ・サレで頂きましたピンクハート

 お肉も、店員さんオススメの赤ワイン赤ワインも、美味しかったですラブナイフとフォークキラキラ ちなみに、草原にいる子羊(プレ・サレ)ちゃん羊

ごめんよ、美味しく頂いたよー。 ちなみに、朝食パン

 朝晩のモン・サン・ミッシェルを見るためには泊りがけでないといけませんが、2日目は夕方の出発まですごく暇だったので、ツアーではなく個人で行った方が良いかと。
 大体、マイバスフランスの1泊2日ツアーと言っても、実際は初日日帰りツアーの人達と一緒に来て降りたら、翌日また違う日帰りツアーの人達と一緒に帰るまで、その間完全放置!
添乗員さんも2日とも違うし、日帰りツアーの人達と帰っちゃいますからね。 そもそも添乗員さんなんて、日本語オーディオガイド借りれば済む話だから、要らないし。
 しかも、添乗員さんに満潮について聞いたら、「毎日19時に満潮で、日によって変わらないから、19時に見に行ったら良い。」とか言われて、満潮の動画まで見せられました。 
しかし、毎日満潮って!?タラー当然ながら、この日は干潮なので、モン・サン・ミッシェルの周りは全て砂だらけ。。 そんな満潮と干潮も知らないような人が添乗員って一体。。。 
しかも、島からモン・サン・ミッシェルまでのシャトルバスの運行時間を添乗員さんに聞いたら、「朝5時くらいから夜中24時過ぎまでやってるよ」と言われたのですが、全くの嘘!ガーン 
実際は、朝7時半からしか運行しないから、島からモン・サン・ミッシェルまで30分歩かないと行けなかったし、帰りも24時には終わります。
 このマイバスの良い加減な添乗員、一体何なんだー!!ガーン 信じられないですよねタラータラー 
正直、マイバスは他社よりも高いし、先程言ったように、ただ送り迎えするだけで後は放置だし、ガイドも要らないし意味ないです。 自分で行けば、半額以下で済みます。 

2日目は、とにかくやることがなくて暇!夕方まで何もやることがないのに、ひたすら無駄に時間を潰されました。。 夜遅く朝早いから寝たいのに、11時にはチェックアウトでホテル出されますしね。 
仕方ないので、干潮のため、1時間だけモン・サン・ミッシェルの周りをぐるっと回って歩きました。  

 馬で、島の周りを歩いている人達も馬

 一応、色んな角度から撮ってるのですが、あまり分からないですよねアセアセ

  6月30日という、今年前半の締めくくりの日。日本では夏越の祓えがあるのですが、今年は聖ミカエル様で大祓出来たかな? 

ともあれ、モン・サン・ミッシェルの様々な姿を堪能出来ました!キラキラ

オペラ座ガルニエ宮

パリの旅行記フランス オペラ地区に移動し、ガルニエラブラブ

 シャルル・ガルニエが設計し、豪華な造り。 

 グラン・フォワイエ(大広間) 

  シャガールの天井画「夢の花束」 

 ちょうど、舞台の準備をしていました。 

今度パリに行ったら、ガルニエでオペラ観てみたいなおねがいピンクハート

ライトアップ✨