開運・強運・引き寄せ

私がこれまで体験した、様々な開運や引き寄せやミラクルの一部をお話しします。

エンジェルナンバーは、ほぼ毎日見ています♪ youtubeでもお話しています。

☆“タイミングが良い!” “良い事が起きる” のが、相性の良い証拠!

さて、ちょっとエネルギーのお話。

今日はちょこっと、そもそもエネルギーとは何か!? そして、どういうものと関わったら良いのか!?を、私なりの見解でお伝えしたいと思いますラブラブ


 :*:・゚’★,。・:*:・゚’☆・::*:・゚’★,。・:*:・゚’☆・::*:・゚’★,。・:*:・゚’☆・:


 まず、エネルギーって「氣」
 この世の全てはエネルギーで波動がありますが、この氣は全てのものが発していて、その人の心の想いや質の高さやエネルギーの大きさなどによって左右されます。だから、オーラがある人とか、なんとなく怖そうとか、見えないけど 皆「氣」を発していて、それを察しているんですね。それを、雰囲氣とか空氣を読め、とか言います。
 病気は「氣が病む」だし、元氣は、「氣が元に戻る」から、元氣になるんです


氣が、全てを司っていて、運氣=「氣を運ぶ」にも関わりますアップ  
人や物、場所などもそうですね。 だから、神社は非常に氣が良く、精妙な心地良い氣を発しています。土地でも、銀座などは豊かな氣があるから高級なお店が沢山あるし、年中店が閉店し入れ替わりの激しい場所は、やはり氣が良くない。 よく「氣が合う」とか「氣持ちが良い」とか、言いますよね!?
「氣」を感じるのは、非常に大事です
氣の合う人は、相性が良いし、良い事が起こるのです。そして、タイミングも良い
アップ 
最近私に問題が起きたのは、氣が合わなかった。もちろん、悪質さや負のエネルギーがあった。
実は、このお仕事もお仕事先も問題の某仲介社も、最初の方からも途中からも、引っかかりがあったのですが兆候はあったのですよね。

これは、会社選びでもそうですね。 面接の段取りの段階でも、かなり相性の良い会社か兆候が出たりします。

そして、一緒にいるだけで良い事が起きます。それが、相性が良い、です。 

私の高校の同級生は、初めてデートした時、その一日ですごく良い事が沢山起こったそうで、「この人といると、私幸せになるアップ」と、初めて付き合ってすぐに結婚ドキドキその後も、ずーっと幸せですラブラブなんとも勘と感性が鋭いキラキラ 
友達でも、一緒にいて楽しい人、氣が合う人は、疲れていても元氣になりますよね!?逆に、氣の合わない人は、やたらと一緒にいて疲れませんか!?
氣が合わないと、エネルギーを奪われたり(このエネルギーバンパイアなどについてはyoutubeで説明しています)、悪い出来事が起きたりします。 


更に、タイミングが良いかどうかも、氣が合うか、相性が良いかに関係しています。 知人の経営者は、女性をデートに誘う時、いきなり今夜どうかと誘うそうです。そして、そのタイミングで来れなかったら、はい終了ビックリマーク え!?って思いますよね前々から約束していた訳でもないのに しかし、そのタイミングで予定が空いているか、来れるか、それがもう相性を表していると。 ・・納得です
タイミングが良いのって、やはり氣が合い相性が良く、上手くいくのです。

こういう感覚って、結構成功者に多いと思います。波動とか直感もですが、周りの成功者を見ている限り、皆スピリチュアルで感覚に沿って成功している氣がします。


 最近、ある企画が持ち上がっていますが、それも主催者と知り合ってからトントンと1ヶ月のうちに毎週会いミーティングし、更にその企画に必要なピッタリな人達と、普段行かない場所で初対面なのに何人も出会うというのが続いて、本当あれよあれよと進むなぁと思っていました。 必要な良い事は、スイスイ進みます。ちょうどその日予定があったのに、さっき空いたばかりだったのって感じで

ちなみに、知人の霊能者エスパー小林さんによれば、相性が良い人と一緒にレストランに行くと、それまで空いていてもお客様が増えてくるそう
そういうのも、ありますね 逆に、やたらと毎回タイミングが合わない人は、もう相性が良くないか、縁がないと思った方が良いかもしれません。そして、関わってもロクな事がない可能性があります。
なぜなら、氣が合ってないから。 

私はある人から連絡が来る時、滅多にないのに、毎回携帯電話を家に忘れてくるか充電がないことが続いて、余程関わってはいけない人なんだな、と思ったことがありますあせる
家に携帯電話を忘れたことなんて、人生で3回もないのですが もちろん、氣(波動)は変わるので、以前仲良かった人と今は仲良くないとかありますが、大まかな相性はやはりあると思います。どんなに頑張ろうが、根本的に相性が悪いものは悪く、そこに力を入れる必要はないんじゃないかと思います。 また、氣が進まず迷っているのも、そのための理由があるので、迷わなくなるまで選択しないのが

迷うのは、どこかできちんと理由がある。スイスイ上手く行くことなら、迷わず進みます。 私は前に、やらなきゃやらなきゃと思いつつなかなかやらなくて、ダラダラして、半年以上経ってやった事があるのですが、それが実は、その時期にやったからこそ意味があったというのが6年後に分かりました。 まさか、自分では全く予想も計算もしていませんでしたが、だからこそ、決断がつかずなかなかやらなかったんだな、って。つまり、やらなくて良かったのです。そのタイミングまでは。 早ければ良いというものではない。 そうやって、迷う=まだ決めなくて良い、というのが正しい意味だと思います。


タイミングが良いか、良い事が起きるか、それは相性が良いかを見る大事なポイントで、相性が良い=氣が合うものは、お互いに関わって良いことが起き、WinWinで幸せになる
逆に相性の悪いものは悪い事が起きるので関わらない方がよい。エネルギー・氣・波動が合わないから。

ちょっと極端?な感じがするかもしれませんが、実際に相性は何でもとても大事なので、人でも仕事でも、それと関わって氣持ちが良いか?良いことが起こるか?タイミングが合うか?に注目してみて下さい

起こる出来事や自分の感覚に氣を付けていると、関わる方が良いものや相性の良いものが、見つかりやすくなるかもしれません

※これについては、youtubeで更に分かりやすく複数の動画で説明していますので、是非ご覧下さい💗